麻ひもを使ったクリスマス風ドアベルの作り方を詳しく解説します

クリスマス風ドアベルの作り方

クリスマスといえばお飾りですね。

ツリーにリースに見ているだけでも可愛らしく、気分が盛り上がってワクワクしてきます。

そんなツリーやリースにも飾れるドアベルを作っていきます。

クリスマスシーズン以外でも日常で使えそうなので、色はシックに決めてみました。

もちろん派手にしたり、ベルをほかの物に変えて自由にアレンジしてみましょう!

クリスマス風ドアベルの材料

ドアベルの材料
ドアベルの材料2
  • 麻ひも1.5m×2本
  • ベルになりそうな物
  • 定規
  • コルクボード
  • 画びょう

クリスマス風ドアベルの作り方

手順1

コルクボードに画びょうで麻ひもの先端を留めます。

手順2

直径10センチくらいの輪を作ります。

手順3

同じような輪をもう一つ作ります。

手順4

2回目に作った輪を1回目に作った輪に通します。

手順5

さらに輪を作ります。この辺りから単純に輪を通すのではなく、縫うように隙間を上下に通していきます。

手順6

通し終えたら更に輪を作ります。

手順7

同じように縫うように通していきます。

手順8

今度は違う紐を準備します。最初の青い紐に沿うように縫っていきます。

手順9

だいぶ形が見えてきました。

手順10

青い紐と同じ工程のところまで来たら、ベルを通します。

手順11

通し方はこんな感じです。

手順12

最後に紐の端を持って、最後の通し作業を行います。

手順13

2本通しました。形を整えていきます。

しっかり締め付けても良いですし、少し隙間を開けて余裕を持っても良いです。

途中分からなくなってもあきらめずに

途中どこがどうなっているんだ?

となることもありますが、上下に通していれば問題ないので、じっくり観察してみましょう。

きっと全体を把握できるはずです。

今回は程よく隙間を開けたマットにしてみました。残った紐で直径15センチほどの輪を作ります。

余分な紐はマットの裏に編み込むか、余分な所を切って裏に折り返し木工用ボンドでくっつけます。

全体を撫でてみるとなかなか良いさわり心地です。いつものクリスマスのデコレーションにプラスの飾り付けが出来ました。

テンションも上がりますね。

ドアベル

まとめ

可愛らしく好きな色の物や形の物が、いつもの空間に新しく加わった時、嬉しさが倍増してとても贅沢な気持ちになります。

それが、自分で作ったものとなるとまた更に愛着も沸きますね。

手作りアクセサリーにはそんな隠れた力が隠されています。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。